サステナビリティ

マテリアリティ

サステナビリティに対する基本的な考え方

当社は、GMOインターネットグループで共有する「GMOイズム」のもと、経営理念「社会の進歩発展に貢献する事で、同志の心物両面の豊かさを追求する」を掲げ、決済業界のリーディングカンパニーとして、各種決済・金融関連のソリューションやプラットフォームの提供、決済インフラの構築などを行い、オンライン化・キャッシュレス化・ペーパーレス化・DX・金融包摂などを支援する事業活動を推進しております。
このような決済を起点としたイノベーションにより、多様な企業活動を支援する当社事業の推進を通じて、企業の競争力向上や社会経済活動の活性化など広範な社会課題の解決に取り組んでおります。
当社の事業活動を支えるステークホルダーの皆さまとともに、社会課題の解決に取り組みながら、お客様の成長や持続可能な社会の実現に貢献し、当社の持続的な高成長、企業価値の向上を実現してまいります。

マテリアリティ特定プロセス 

事業活動を通じた社会課題の解決によって、持続可能な社会発展への貢献と持続的な企業価値向上を実現するため、下記のプロセスを経て、中長期に当社事業へ影響を及ぼし優先的に取り組むべき重要課題(マテリアリティ)を特定しました。

SASB(サステナビリティ会計基準)やGRIスタンダード、SDGsなどの国際的な指標を参照し、また当社を取り巻く社会動向を踏まえ、当社事業に関連性の高い社会課題を抽出
株主・機関投資家との対話やESG評価機関の評価などを踏まえた外部ステークホルダーの観点、また財務影響や事業成長への寄与など事業機会及びリスクを見据えた自社の観点から、重要性評価を実施
社外取締役を含めた経営陣による議論、取締役会の決議を経て、マテリアリティを特定し、サステナビリティ経営の重点テーマを策定

マテリアリティ・マトリックス

サステナビリティ経営の重点テーマ

特定したマテリアリティを5つの領域に整理し、サステナビリティ経営の重点テーマを明確化しました。重点テーマに沿って、持続可能な社会発展への貢献と持続的な企業価値向上を追求してまいります。

決済を起点とした事業の持続的成長を通じた「社会貢献」 1 革新/Innovation~決済イノベーション創出によるお客様の成長と社会の発展~

あらゆる経済活動の通過点となる決済を起点に、広範な領域でのイノベーションをあらゆる企業に提供し、お客様の競争力向上や、請求から資金繰り、給与支払いまで広範な業務効率化を支援。キャッシュレス推進により便利・快適な社会の実現に寄与

  • ・決済起点の商流や業務プロセスの再構築
  • ・決済プロセス円滑化による顧客体験/サービス向上
  • ・決済の自動化による労働人口減少への対応
  • ・キャッシュレス推進による社会コスト低減
  • ・多様な決済手段の提供や金融アクセスによる金融包摂推進
  • ・決済インフラ整備による地域社会の活性化
2 信頼/Reliability~社会を支える決済インフラの持続的運営~

決済という社会インフラを担う企業として、自らの業務の安定性、信頼性の向上を通じ、社会経済活動の安心、安全の確保に貢献

  • ・インフラである決済システムの安定継続稼働
  • ・安全な決済取引を支える情報セキュリティ強化
  • ・犯収法など法令に基づく不正な取引の排除
3 脱炭素/Decarbonization~キャッシュレスを通じた地球環境への貢献~

現金や紙を伴うプロセスを変革し、CO2排出削減に注力

  • ・キャッシュレスによる環境負荷の低減
持続的成長を支える「経営基盤」 4 人財/People~25%成長にコミットし挑戦する組織力の追求~

環境変化を乗り越え持続的な成長を図るうえで、決定的に重要な人的資本拡充を組織の最重要課題として注力

  • ・25%成長を牽引する人的資本の抜本的な強化
  • ・健康的で働きやすい環境整備を通じた自己実現の支援
  • ・組織を強化するダイバーシティ&インクルージョンの実現
5 ガバナンス/Governance~健全で責任ある経営の実践~

健全かつ安定した高成長を継続するうえで、リスクテイクや社外からの監視の実効性を高めるガバナンス体制の強化に注力

  • ・健全な高成長を担保するコーポレートガバナンスの構築
  • ・高成長を支える予防的リスク管理の徹底
  • ・情報開示を通じた透明で公正な経営の確保