「GMO BtoB早払い」のご紹介

GMO BtoB早払い

▼「GMO BtoB早払い」とは?

貴社が取引先に対して保有する売掛債権を、GMOペイメントゲートウェイへ譲渡することにより、早期に資金化するサービスです。

「GMO BtoB早払い」の特長

1. 信用力

東証一部上場企業によるサービス提供で安心してご利用いただけます。

2. 利便性

売掛債権の流動化を活用することで資金調達手段の多様化が図れます。

3. スピード

売掛債権を譲渡してから、最短2営業日で入金されます。
※ご利用についてはGMOペイメントゲートウェイ所定の審査がございます。審査の結果によってご利用できない場合があります。

貴社のメリット

1. キャッシュフローの改善

売掛債権譲渡により、売掛金を早期に資金化できます。

2. 未回収リスクの軽減

万が一、譲渡した売掛債権が取引先の倒産や支払遅延などで未払いになっても、代金回収はGMOペイメントゲートウェイが行うため、未回収は軽減されます。

3. 手続きが簡単

銀行融資と異なり、資金繰り表や事業計画書の提出、保証人、担保が不要です。

4. 財務諸表のスリム化

売掛金と現預金で仕訳されるため、貸借対照表がスリムになります。

「GMO BtoB早払い」の流れ

資金の受領が約20日間短縮

入金までの期間の短縮化

約50日間の短縮

NEW 2020年1月「電子請求書早払い」リリース

請求書をワンクリックで資金化できる「電子請求書早払い」の提供を、株式会社インフォマートと当社の協業で2020年1月より開始する予定です。
「電子請求書早払い」のご利用により、入金期日よりも早く請求書の売掛金を資金化できるため、資金繰りの改善が可能となります。

ティザーサイト:https://go.infomart.co.jp/btobfinance.hayabarai.html

CONCEPT

請求書で素早く資金調達

電子請求書早払い
「電子請求書早払い」は、従来の金融機関からの調達に頼らず、インフォマートが運営するBtoBプラットフォーム請求書から資金調達ができる企業向けのファイナンスサービスです。リリース時期は2020年1月下旬を予定しています。