GMO PAYMENTGATEWAY

ニュースルーム

返金・送金サービスの受取方法に「Amazonギフト券受取」を追加
~EC・オンラインサービスでの返金・送金の受取が現金以外でも可能に~

2021年5月13日

報道関係各位

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMOインターネットグループにおいて、総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コード 3769、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)は、EC・オンラインサービス事業者向けに提供している、返金・送金業務を効率的かつ安価に行える「GMO-PG送金サービス」において、事業者からユーザー(購入者・利用者)への返金・送金の受取方法として新たに「Amazonギフト券受取」を本日2021年5月13日(木)より追加いたします。
これにより「GMO-PG送金サービス」をご利用の事業者は、ユーザーに対する返金・送金が発生した際、ユーザーの受け取り方法のニーズに合わせ、「銀行振込」とセブン銀行ATMで受け取れる「ATM受取」、そして新たに加わる「Amazonギフト券受取」の中から選択していただくことが可能となります。

「GMO-PG送金サービス」の受取方法に「Amazonギフト券受取」を追加

【背景と概要】

近年、日本国内のEC市場は拡大し続けており、2019年のBtoC EC市場は前年比7.6%増の19.3兆円(※1)に、同年CtoC EC市場は前年比9.5%増の1.7兆円にのぼりました。さらに、最近では新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、個人が持つスキルや知識を個人や企業とシェアするオンラインスキルシェアサービスに注目が集まっています。
このようにEC市場が拡大するにつれ、ネットショッピングでのキャンセルや、チケット・旅行運賃の払い戻し、クラウドソーシングやフリーランス等への報酬の送金、オークション・フリマアプリの出品者への代金の送金など、事業者からユーザーへの返金・送金が発生する場面も多様化しながら増加しています。
そこでGMO-PGは、EC・オンラインサービス事業者向けに提供している、返金・送金業務を効率的かつ安価に行える「GMO-PG送金サービス」において「Amazonギフト券受取」を新たに追加し、ユーザーの返金・送金の受取方法を拡充することといたしました。
これにより、「GMO-PG送金サービス」をご利用のEC・オンラインサービス事業者は、ユーザーの返金・送金の受取方法として、従来の「銀行振込」とセブン銀行ATMで受け取れる「ATM受取」に加え、「Amazonギフト券受取」も選択可能となり、より多様なユーザーのニーズに応えられるようになります。
EC・オンラインサービスのユーザーは、返金・送金を受け取る際に、現金だけでなくAmazonギフト券での受け取りも可能となるため、自身の銀行口座情報をEC・オンラインサービスに登録する必要がないうえ、時間や場所を問わずに返金・送金を受け取ることができるようになります。(※2)

  • (※1)2020年7月発表 経済産業省「令和元年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)」
    (URL:https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200722003/20200722003-1.pdf
  • (※2)Amazonアカウントを持っているユーザーは、「Amazon.co.jp」にログインし受け取りが可能となります。Amazonアカウントを持っていないユーザーは、ログイン画面からアカウント新規登録を行うことで、受け取りが可能となります。

【「Amazonギフト券受取」について】

EC・オンラインサービス事業者から個人宛てに送る返金や送金において、Amazonギフト券を送付する機能です。Amazonギフト券は、総合オンラインストア「Amazon.co.jp」はもちろん、Amazon Payを導入するECサイトでのお買い物にも利用することができます。
ユーザーはEC・オンラインサービス事業者からの「Amazonギフト券受取」での返金・送金内容を確認した後、ご自身のPCやスマートフォンで「Amazon.co.jp」にログイン、あるいはログイン画面からアカウントの新規作成を行うことで、即時にAmazonギフト券残高に受け取った分の返金・送金額が反映されます。銀行口座やキャッシュカードは不要で、PCやスマートフォンがあれば、時間や場所を問わず受け取ることが可能です。
なお、「Amazonギフト券受取」で返金・送金可能な金額は、1件あたり10万円が上限となっており、ユーザー1人が1日に受け取れる返金・送金合計額も10万円が上限となります。

【「GMO-PG送金サービス」について】

(URL: https://www.gmo-pg.com/service/mulpay/option/soukin/

「GMO-PG送金サービス」は、返金・送金などで生じる煩雑な業務を正確・スピーディーに代行する、EC・オンラインサービス事業者向けサービスです。API連携による自動システム化や、管理画面からのファイル一括アップロード(メールアドレス等の情報取得が必要)により、煩雑な管理業務をなくし、効率的に返金・送金することが可能です。また、振込・送金手数料も郵便為替や各金融機関の送金窓口などと比較し、安価に提供できます。返金・送金方法は、ユーザー(購入者・利用者)の銀行口座に入金する「銀行振込」と、セブン銀行ATMで受け取れる「ATM受取」、Amazonギフト券として受け取れる「Amazonギフト券受取」の3種類を用意しており、事業者は自社の状況やユーザーのニーズに合った方法で返金・送金することが可能です。事業者が複数の返金・送金方法を用意している場合は、ユーザーはGMO-PGが用意する画面から希望の受取方法を選択することができます。
なお、「GMO-PG送金サービス」はGMO-PGが資金移動業者登録(登録番号:関東財務局長第00037号)を行い提供する、資金移動業に基づく送金サービスです。お預かりした送金(返金)資金は、資金決済法に基づいて保全しているため、安心してご利用いただけます。

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】

ネットショップなどのオンライン事業者、NHK、国税庁や東京都等の公的機関など15万店舗以上の加盟店に、総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを提供しています。
決済サービスを中心に、加盟店の成長に資する付加価値サービス、金融技術を活用した決済手段や資金ニーズに対応するサービスを提供し、年間決済処理金額は6.9兆円を超えています。(GMO-PG連結企業集団2021年3月末現在)
決済業界のリーディングカンパニーとして、キャッシュレスやDXを進める事業会社や金融機関に対して、各種決済・金融関連のソリューションやプラットフォームの提供、決済インフラの構築などを行っています。また、海外での決済関連サービス展開や海外企業への戦略的投融資などグローバル展開も進めています。
今後も新たなイノベーションを牽引し、安全性が高く便利な決済プロセスのインフラになることを目指してまいります。

【報道関係お問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
企業価値創造戦略 統括本部 広報・UX部
お問い合わせフォーム
https://contact.gmo-pg.com/m?f=767
GMOインターネット株式会社
グループコミュニケーション部 広報担当 蕪木
TEL
03-5456-2695
E-mail
pr@gmo.jp
【サービスに関するお問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
イノベーション・パートナーズ本部
TEL
03-3464-2323
E-mail
info@gmo-pg.com

※本件はGMO-PGが提供します。本件についてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。
上記報道関係お問い合わせ先またはサービスに関するお問い合わせ先までお願いいたします。

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL: https://www.gmo-pg.com/

会社名 GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
代表者 代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金 94億47百万円(2021年3月末現在)

【GMOインターネット株式会社】(URL: https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■暗号資産事業
資本金 50億円

※Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。