Close
集客支援サービス

事業者様の集客・売上向上を支援する「Yahoo!プロモーション広告」や「Google AdWords」を活用したリスティング広告運用代行、Facebook広告運用代行、Googleアナリティクス解析などをご提供。決済代行会社だからこそできる広告運用・分析を行っています。

もっと詳しく

Close

銀行振込(バーチャル口座)

銀行振込(バーチャル口座)

銀行振込(バーチャル口座)

▼ 銀行振込(バーチャル口座)とは
請求(取引)先毎に被振込専用口座(振込のみを受け付ける)を割り当てて決済する方法です。
被振込専用口座に入金があり次第、弊社から入金通知を行うため、入金照合事務コストが軽減できます。
(尚、本サービスは三井住友銀行の入金照合サービス“パーフェクト” を利用しております)

銀行振込(バーチャル口座)のメリット

  • ・入金照合事務コストの軽減
    振込者の特定が容易となり、入金照合事務作業の効率化が図れ、事務コストが軽減できます。
  • ・売上債権回収管理の強化
    消込率の向上且つ早期化により、未入金先の特定が容易となり、早期対応が図れます。
  • ・顧客サービスの向上
    顧客への入金照会を減らし、入金確認の遅れによる商品・サービス提供遅延の減少が図れます。

銀行振込(バーチャル口座)運用フロー

購入から加盟店様への入金までのフロー

  • 購入情報、決済番号、支払い完了通知…購入情報、決済番号、支払い完了通知
  • 入金…入金
  • サービス提供…サービス提供
銀行振込(バーチャル口座)フロー
  1. 購入
  2. 決済番号通知(加盟店様→GMO-PG)
  3. 被振込専用口座割当(GMO-PG→加盟店様)
  4. 被振込専用口座割当(加盟店様→エンドユーザー)
  1. 支払い
  2. 売上金入金(三井住友銀行→GMO-PG)
  3. 入金情報取得(GMO-PG→三井住友銀行)
  4. 入金通知(GMO-PG→加盟店様)
  1. サービス提供(加盟店様→エンドユーザー)
  2. 売上金入金(GMO-PG→加盟店様)

銀行振込(バーチャル口座)のサービス提供

以下2つのサービスプランからお選びいただけます。

共有口座型 専有口座型
概要

当社のバーチャル口座を各加盟店様共通で使い回すタイプ

当社のバーチャル口座を加盟店様専用で使い回すタイプ

活用

取引単位※1

取引単位※1/顧客単位※2

契約区分

包括契約のみ

包括契約のみ

口座番号

連番※3

連番※3

口座休眠期間

60日間

30日間

課金

※ショップ単位

  1. ・初期費用
  2. ・固定費用
  3. ・処理料(使用口座数に応じて課金)
  4. ・手数料(入金金額に応じて課金)
  1. ・初期費用
  2. ・固定費用
  3. ・処理料(専有口座数※4に応じて課金)
  4. ・手数料(入金金額に応じて課金)
振込先名義

GMO-PG

GMO-PG/●●□(加盟店様指定)

対象加盟店

当該決済を利用した月間取引件数が300件未満の加盟店様のご利用を想定。ただし、顧客単位※2ではご利用いただけません。

当該決済を利用した月間取引件数が300件以上の加盟店様のご利用を想定。取引件数が少なくても顧客単位※2のご利用や振込先名義変更をご希望の加盟店様には最適なプランとなります。

※1) 取引単位でバーチャル口座を割当(取引単位で口座番号を割当てし、ワンタイムで活用する方法)

※2) 顧客単位でバーチャル口座を割当(事前に連携した口座番号を顧客単位で紐付けし、継続的に活用する方法)

※3) チェックデジットはご利用いただけません。

※4) 1,000口座単位でお申込可能。口座休眠期間を勘案し、月間使用口座数の4倍程度を目安にお申込ください。

銀行振込(バーチャル口座)の注意事項

1. 振込手数料の負担について

  • ・被振込専用口座への振込手数料はエンドユーザー(ご購入者)様負担となりますので、予めご案内ください。

2. 被振込専用口座の名義について

  • ・共有口座型でご利用の被振込専用口座名義は「GMO-PG」となります。
    エンドユーザ(ご購入者)様へ振込先名義が上記となる旨、ご案内ください。
  • ・専有口座型でご利用の被振込専用口座名義は「GMO-PG/●●口(加盟店様指定)」となります。
    - 口座名義の初期設定にかかる費用は初期費用に含まれます。
    - 口座名義を契約途中に変更をご希望される場合には、一回の変更当たり50,000円の作業費用を申し受けます。

3. イレギュラーケースへの対応について

  • ・決済サービスの特性上、以下のようなイレギュラーケースが想定されます。
    なお、決済処理が発生した場合、イレギュラーケースであっても処理料および手数料は発生いたします。
1.入金金額を指定することで金額差異(請求金額≠入金金額)が生じるケース
  • ※振込手数料を控除して入金してしまうケースなど
    ⇒入金金額を正として決済処理します。(差額分の対応は、加盟店様判断となります。)
2.過去取引用の口座を指定して入金してしまうケース
  • ※取引単位で口座活用した場合のみ発生
    ⇒弊社が対象加盟店様を特定できた場合に限り、新規取引を起こして決済処理します。
3.振込先口座番号を間違えるケース
  • ※別取引への誤入金、または、未活用口座への誤入金など
    ⇒弊社が対象加盟店様を特定できた場合に限り、新規取引を起こして決済処理します。
4.入金期限を超過しているにも関わらず入金してしまうケース
  • ⇒入金期限超過7日以内の場合:通常取引として決済処理します。
    入金期限超過8日以上の場合:新規取引を起こして決済処理します。

PGマルチペイメントサービスとは

「PGマルチペイメント・フレームワーク」は、高機能で簡単導入を実現する業界最先端の「SaaS」として、多様な決済機能を統合した総合決済サービスです。加盟店審査や加盟店契約といった手続きだけでなく実際の導入から運用までを当社がワンストップにご提供するため、スムーズな決済サービスの導入が可能です。

サービス導入までの流れ

1.お問い合わせ・資料請求

まずはフォームまたはお電話にてお問い合わせください。お客様に最適なサービスをまとめた資料を無料でお送りいたします。また、お問合せいただいた内容は担当者より折り返しご連絡させていただきます。
なお、お申し込みから審査、ID発行と御社システムへの組み込みの期間を含めまして、最短3週間~2ヶ月程度でご利用を開始いただけます。
決済サービスについての詳細なご相談やご希望等も承っております。お気軽にお問い合わせください。

テスト環境のご利用・仕様書のダウンロードも可能です

「PGマルチペイメントサービス」導入にあたり、事前にテストを実施していただく環境です。 仕様書、マニュアル、各種決済処理(テスト運用)に必要な管理画面一式をご提供いたします。

2.貴社よりお申し込み

お申し込みにあたって以下の書類をご提出ください。

代表加盟サービス(加盟店契約一括サービス)ご利用の場合
  • ・PGマルチペイメントサービス利用申込書
  • ・登記簿謄本(コピー)
  • ・販売商品資料
  • ・お客様情報シート
  • ・審査情報入力シート
  • ・特定商取引法に基づく表示内容
  • ・各管轄官公庁への届出書及び許可証
  • ※Webページが公開されている場合は一部書類が不要となります。
  • ※詳しくは営業担当までご連絡ください。
直接加盟契約の場合(カード会社と直接ご契約がある場合)
  • ・PGマルチペイメントサービス利用申込書
  • ・お客様情報シート

3.弊社にて加盟店審査・登録

代表加盟サービス(加盟店契約一括サービス)ご利用の場合は、弊社を経由して各決済事業会社にて審査を行わせていただきます。

4.弊社より本番環境をご提供

決済事業会社と弊社にてシステム設定を行い、本番環境設定内容をメールにて送信いたします。

5.貴社にて本番環境での接続テスト

本番環境での接続テストを行っていただきます。

6.貴社にて運用開始

運用を開始いただきます。

  • ※運用開始までの期間は、貴社での開発内容により変動いたします。
  • ※PayPal(ペイパル)決済導入時は一部導入手順が異なります。加盟店審査承認後、PayPal社から確認メールが届きますので認証コードを入力の上ご返信ください。その後、本番環境のご提供となります。