Close
集客支援サービス

事業者様の集客・売上向上を支援する「Yahoo!プロモーション広告」や「Google AdWords」を活用したリスティング広告運用代行、Facebook広告運用代行、Googleアナリティクス解析などをご提供。決済代行会社だからこそできる広告運用・分析を行っています。

もっと詳しく

Close

トークン決済

トークン決済

▼ トークン決済(JavaScript使用の非通過型決済)とは
購入者が入力するクレジットカード番号を、別の文字列(トークン)に置き換えて通信を行い、お支払いを完了させる、情報漏えいリスクを軽減できるセキュリティサービスです。
加盟店様はトークン決済をご利用いただくことで、クレジットカード番号に触れることなく決済処理が可能となります。
※購入者が入力するクレジットカード番号をJavaScriptへリンクし当社へ送信し、当社はその番号を別の文字列(トークン)に置き換えて加盟店様へご返却し、カード会社からトークンと金額でオーソリを取得する仕様です。

トークン決済のメリット

  • ・情報漏えいリスクの軽減
    トークン決済を利用することで、クレジットカード情報の「保存」は勿論、「処理」・「通過」を行わずにクレジットカードの決済を処理できるため、加盟店様の情報漏えいリスクが軽減されます。万が一、トークンが漏えいしたとしても、それ自体は全く意味のないデータであり、他のサイト等で不正利用されることはありません。
    クレジット取引セキュリティ協議会が取りまとめた「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画(※)」で推奨している処理方法の一つです。

    (※)加盟店様は2018年3月末までにカード情報の非保持化またはPCIDSSへの準拠が必要となります。

  • ・従来のサービスから大幅なシステム変更が不要
    プロトコル/モジュールタイプでご利用いただけるため、加盟店様はクレジットカード情報の入力画面を遷移させることなくセキュアな決済環境を実現できます。

トークン決済データフロー

  • トークン送信、オーソリ処理…トークン送信、オーソリ処理
トークン決済データフロー
  1. 購入画面からの表示
  2. htmlからJavaScriptへリンクし、
    カード番号送信
  3. トークン返却
  4. トークン送信
  5. トークン+金額でオーソリ処理
  1. トークンをカード番号に置き換えて
    オーソリ処理
  2. オーソリ結果返却
  3. オーソリ結果返却
  4. レシートページ表示

トークン決済の注意事項

1. トークンは有効期限があります

発行されたトークンは、一定時間経過するか、一度決済に利用されると無効となります。

2. サポートされるブラウザ環境について

トークン決済は、javascriptの動作するブラウザを前提としております。JavaScriptの利用できない端末(一部フィーチャーフォン等)では、トークン決済をサポートいたしません。

3.クレジットカード決済、多通貨クレジットカード決済に対応しています