Close
集客支援サービス

事業者様の集客・売上向上を支援する「Yahoo!プロモーション広告」や「Google AdWords」を活用したリスティング広告運用代行、Facebook広告運用代行、Googleアナリティクス解析などをご提供。決済代行会社だからこそできる広告運用・分析を行っています。

もっと詳しく

Close

国外からのEC購入でも日本円で入金される「多通貨クレジットカード決済」や、中国向け決済の「Alipay(アリペイ)」、また、本格的に海外進出を目指す事業者様に向けて、アジア各国の決済手段で展開できる「Z.com Payment」などのサービスを紹介致します。

もっと詳しく

Close

3Dセキュア(本人認証サービス)

3Dセキュア(本人認証サービス)

▼ 3Dセキュアとは
インターネット上でクレジットカード番号・有効期限以外に各クレジットカード会社から発行されたインターネット専用のID・パスワードをお客様が入力し、クレジットカード決済を行う仕組みです。
現在では、「VISA」「MASTER」「JCB」の3ブランドが採用しています。

※ブランドごとに異なる名称ですが、総称して「3Dセキュア」と呼ばれています。

3Dセキュアについて

不正利用とチャージバックについて

カードホルダー以外の第三者が本人になりすまし、商品を購入することを不正利用と呼びます。 不正利用と判明した時点で、クレジットカード会社はチャージバックを起こします。

※チャージバックとは?
カードホルダーが不正利用等により利用代金の決済に同意しない場合に、クレジットカード会社が加盟店様に対して支払いを拒絶すること。

チャージバックが発生した場合、該当取引の売上金をお支払いすることができません。
また、すでにGMO-PGと加盟店様にて精算が終了している場合や、直近のお振込み分より相殺できない場合には、GMO-PGに該当金額をご返金いただく必要があります。
よって、加盟店様は、商品を発送(サービスを提供)したにも関わらず、その売上金が入金されないという状況となります。

なぜ3Dセキュアが必要なのか?

盗難にあったクレジットカードや偽造クレジットカードによる不正利用が増加しており、それらを未然に防ぐため、本人しか知り得ないパスワードを入力する3Dセキュアが有効となります。

なぜ3Dセキュアが必要なのか?

3Dセキュア(本人認証サービス)のメリットとデメリット

メリット

なりすまし防止
本人が登録したパスワードによって認証します。そのため、他人のカード情報を盗用し、カード所有者に「なりすまし」、不正に商品やサービスを授受することを未然に防ぎます。

安心
3Dセキュア(本人認証サービス)を導入している場合、購入者に「セキュリティ面にも注意を払っている」というアピールができます。

デメリット

機会損失
カード所有者が登録したパスワードを覚えていないことがあり、購入手続きの際、パスワードがわからないために購入を辞めてしまうことがあります。

3Dセキュア利用可能なクレジットカードブランド

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

AMEX/DINERSは対応不可となります。

本人認証の画面例 ※カード発行会社により多少表示が異なる場合がございます。

パスワード入力画面

パスワード入力の画面が表示されるお客様は、本人認証サービスに登録されています。
※パスワードを忘れてしまった場合は、カードの裏面に記載のカード会社にお問合せください。
(個人情報保護の観点から、ショップにお問合せいただいても確認できません)

注意事項

3Dセキュア対応ブランドについて

VISA/MASTER/JCBブランドが対応しています。
その他のクレジットカードブランドにつきましては、本人認証が行われない通常の取引となります。

携帯端末の対応について

3Dセキュア(本人認証サービス)はスマートフォンには対応しておりますが、フィーチャーフォンからはお取引ができません。

3Dセキュアの金額変更後の留意点について

  • 3Dセキュアを利用した決済を金額変更した場合、3Dセキュアを利用しない決済となります。そのため、後日カード会社より不正利用などでチャージバックの連絡を受けた場合、受入せざるを得ないことがございます。