PAYSLE決済

PAYSLE決済

▼ PAYSLE決済とは

スマートフォンアプリに表示された支払い用の電子バーコードをレジで読み取るだけで、簡単にコンビニでの支払いが可能な決済サービスです。

スマホに表示された電子バーコードをレジで読み取るPAYSLE決済

PAYSLE決済のメリット

1.回収率の向上・回収の早期化

  • 消費者の利便性向上により、回収率の向上・回収の早期化が期待できます。

2.業務負荷の軽減

  • 払込票の印字・発送業務が必要なくなるため、業務負荷を軽減することができます。

3.コスト削減

  • 払込票の発行が必要なくなるため、用紙・印刷・発送コストの削減に繋がります。また、収入印紙代も不要となります。

運用フロー

  • 購入情報、決済番号、支払い完了通知…購入情報、決済番号、支払い完了通知
  • 入金…入金
JCBプレモカード決済の運用フロー
  1. 購入
  2. 決済処理(加盟店様→GMO-PG)
  3. バーコード発番(GMO-PG→加盟店様)
  4. バーコード発番(GMO-PG→PAYSLEアプリ)
  5. バーコード発番(加盟店様→消費者)
  1. 支払い(消費者→コンビニ)
  2. 入金通知(コンビニ→GMO-PG)
  3. 入金通知(GMO-PG→加盟店様)
  4. 商品/サービス提供
  5. 売上金引渡【入金】(コンビニ→GMO-PG)
  1. 売上金引渡【入金】(GMO-PG→加盟店様)
※:収納バーコード情報を自社のアプリ経由で表示するか、PAYSLEアプリを利用するか選択いただけます。

PAYSLE決済の導入形態

PAYSLE決済には2つの導入形態があり、“申込時”にいずれかを選択いただきます

自社アプリにPAYSLE APIを組み込み
  • 加盟店様が消費者向けに提供するアプリにPAYSLE決済の機能を組み込み、消費者は加盟店様のアプリを介してPAYSLEの決済機能を利用します。
  • 加盟店様アプリ上でPAYSLEの機能を利用することができるため、消費者の利便性が高い導入形態です。
PAYSLEアプリ利用型
  • 消費者がPAYSLEアプリをダウンロードしてPAYSLEの決済機能を利用します。
    ※PAYSLEアプリは無料。Google Play,App Storeでダウンロード可能。
  • 加盟店様にて消費者向けアプリを提供していない場合や開発コストをかけずにPAYSLE決済を導入したい場合に適した導入形態です。

PAYSLE決済の注意点

  • 本サービスは前払い/後払いの双方でご利用頂けますが、債権の買取は行いません。
  • 「自社アプリ組み込み型」で実装する場合、決済会社によるレギュレーションの提示、本番環境利用前のバーコード表示の確認テストがございます。
  • 「自社アプリ組み込み型」で実装する場合、消費者の誤入金を防止するため取引が支払済/支払停止済/支払期限切れになった際は、支払済のバーコードを表示する(支払い停止処理を実施)か取得済みのバーコードを非表示にするか対応をお願いします。
  • 「PAYSLEアプリ利用型」で実装する場合、加盟店様が決済依頼を行う前に消費者のスマートフォンにPAYALEアプリがインストールされている必要がございます。また、加盟店様が決済実行を実施してからPAYSLEアプリに支払い用バーコードの表示まで30~60分程度かかります。
※「PAYSLE」は株式会社ブリースコーポレーションが提供するサービスです。