ニュースルーム

ブライトコーブ、動画配信課金ソリューション「Brightcove Paid Video Framework
(ブライトコーブ ペイド ビデオ フレームワーク)」ベータ版を日本で提供開始
~さまざまなデバイスで視聴可能な有料動画コンテンツサイトの制作が可能に~

2013年10月31日

報道関係各位

ブライトコーブ株式会社
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
株式会社SRA

ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、以下 ブライトコーブ)は、GMOインターネットグループで非対面クレジットカード等の決済事業を展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:相浦一成、以下:GMO-PG)の協力と、システム開発において株式会社SRA(本社:東京都豊島区南池袋、代表取締役社長:鹿島 亨、以下SRA)の技術協力を得て、2013年11月1日(金)より、プロフェッショナル向けの動画配信課金ソリューション「Brightcove (NASDAQ: BCOV) Paid Video Framework(ブライトコーブ ペイド ビデオ フレームワーク、以下Brightcove Paid Video Framework)」ベータ版の提供を開始いたします。

【概要】

「Brightcove Paid Video Framework」は有料動画配信サービスを始める際に必要となる課金ソリューションです。さまざまなデバイスに対応した高品質な動画配信が特徴の「Brightcove Video Cloud」と共に使用することで、動画の公開から課金までをシームレスに行う事が出来ます。すでに「Brightcove Video Cloud」を使用しているお客様であれば、馴染みのあるワークフローで新たに有料動画の配信ビジネスをスタートする事が可能になります。

通常、動画配信サービスを提供するには、様々なデバイスごとに、コンテンツサイズや配信方式を考慮せねばならず、コンテンツのDRM処理や課金システムを含めて考えると莫大な制作期間と費用が必要となります。「Brightcove Paid Video Framework」を使用すると、コンテンツにDRM処理をかけ(PC向けRTMP配信のみ対応)、セキュアな状態で配信できるだけでなく、簡単な操作画面から、テンプレートを用いて動画配信サイトを構築することができます。また、管理画面から動画商品の管理や顧客データの管理、決済情報の管理が可能なため、コンテンツさえあれば初期投資を抑えながら動画コンテンツビジネスでの収益化をはかる事ができます。
なお、本サービスにおける決済システムは GMO-PGが提供いたします。

【Brightcove Paid Video Frameworkの特長】

  • ●コンテンツ販売に必要な基本機能をすべて搭載しており、スムーズに課金販売サイトの立ち上げが可能
  • ●デジタルコンテンツ販売に最適な各種支払方法に対応
    • ・クレジットカード決済
    • ・WebMoney決済
    • ・携帯キャリア決済
    • ・PayPal決済
    • ・iD決済 など
    • ※支払い手段は、都度課金(PPV)、月額課金(サブスクリプション)、シリーズ購入(セット販売)の3種になります。
  • ●スマートフォンサイトの構築にも対応(スマートフォン向けの配信でDRM処理をかける場合はネイティブアプリの開発が必要です)

【Brightcove Video Cloudの特長】

  • ●以下の配信方式が利用可能
    • ・HLS/HLSe
    • ・RTMP/RTMPe
    • ・プログレッシブダウンロード
  • ●優れた動画コンテンツ管理システム
    • ・分かりやすいユーザインターフェースで運用負荷を軽減
    • ・動画視聴データの分析が容易
    • ・アクセス解析サービスとの連携も可能(GoogleAnalytics、SiteCatalyst)
  • ●マルチデバイス向け配信を標準装備

※本製品はベータ版のみの提供とさせていただいており、正規版は2014年のリリースを予定しております
http://go.brightcove.com/content/ja-bc-paid-video-framework

【ブライトコーブについて】

Brightcove Inc.(NASDAQ:BCOV)は、クラウドコンテンツ サービスの先進的なグローバル プロバイダであり、世界中のプロフェッショナルなデジタルメディアの公開と配信に使用される製品ファミリーを提供しています。製品には、市場をリードするオンライン動画プラットフォームの Brightcove Video Cloud、クラウドベースのエンコーディングサービスである Zencoder 、オープンソース形式で HTML5 動画プレーヤ技術を提供するVideo.jsがあります。これらを合わせると、70ヵ国に及ぶ 6,300 以上のお客様がブライトコーブのクラウドコンテンツ サービスを利用し、PC、スマートフォン、タブレット、コネクティッド TV において非常に優れたメディア エクスペリエンスを構築し運営しています。

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】

GMOペイメントゲートウェイは、ネットショップやSNS・スマートフォン上で展開するコンテンツなどの非対面販売型の事業者、NHKなど月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など4万店舗以上(GMOペイメントゲートウェイグループ2013年6月現在)の加盟店に、クレジットカードをはじめとする決済処理サービスを提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。決済業界のリーディングカンパニーとしてイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献いたします。また海外市場においては、各国の決済事業者と連携し、海外決済サービス「GMO-PG Global Payment」を拡大してまいります。

関連URL
ブライトコーブ サイト
URL : http://www.brightcove.com/ja/
GMO-PG コーポレートサイト
URL : http://corp.gmo-pg.com/
GMO-PG サービスサイト
URL : http://www.gmo-pg.com/
報道関係お問い合わせ先
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 企業価値創造戦略 統括本部 IR・広報グループ
TEL

03-3464-0182

FAX

03-3464-2477

E-mail
ir@gmo-pg.com
GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 細田・石井
TEL

03-5456-2695

FAX

03-3780-2611

E-mail
pr@gmo.jp
サービスに関するお問い合わせ先
ブライトコーブ株式会社 マーケティングコミュニケーションズ 担当 中尾
TEL

03-6303-2985

E-mail
pr-japan@brightcove.com

【ブライトコーブ株式会社】(URL:http://www.brightcove.com/ja/

会社名

ブライトコーブ株式会社

所在地 東京都渋谷区恵比寿南 3-1-19 恵比寿ライトビル 2F
事業内容 ■動画およびその他のリッチメディアコンテンツ用プラットフォームサービス提供業務
動画およびその他のリッチメディアコンテンツの運用コンサルティング及びサポート業務

【株式会社SRA】(URL:http://www.sra.co.jp

会社名

株式会社SRA

所在地 東京都豊島区南池袋2-32-8
代表者 代表取締役社長 鹿島 亨
事業内容 ■システム開発関連(業務アプリケーション、組込み、WEB・ECサイト、OSS)
■キャンパスソリューション関連
■ネットワーク運用・構築関連

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL:http://corp.gmo-pg.com/

会社名

GMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部 証券コード : 3769)

所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 渋谷ヒューマックスビル
代表者 代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■クレジットカード等の決済処理サービス及び付帯するサービス

【GMOインターネット株式会社】(URL:http://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社(東証一部 証券コード : 9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容

■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業

本件に関するPDFファイルはこちら

プライバシーマーク
GMOペイメントゲートウェイはプライバシーマークの認定を受けています。
PCI DSS
GMOペイメントゲートウェイのサービスはPCI DSSに完全準拠しております。
ISO27001
GMOペイメントゲートウェイは事業所全てを対象にISO27001への適合認証を取得しております。
!当社名を騙る架空請求詐欺にご注意ください    !当社もしくは類似する社名を騙る会社やサービスにご注意ください
TOP