ニュースルーム

GMO-EP、BtoB卸モール「NETSEA」利用者への融資サービスを提供開始
~プラットフォーム・ショッピングカートのブランド名を活かした融資サービスを展開~

2020年3月31日

報道関係各位

GMOイプシロン株式会社

GMOインターネットグループでGMOペイメントゲートウェイ株式会社の連結会社であるGMOイプシロン株式会社(代表取締役社長:田口 一成 以下、GMO-EP)は、株式会社SynaBiz(代表取締役:武永 修一 以下、SynaBiz)が運営する、BtoB卸モール「NETSEA(ネッシー)」を利用するサプライヤー事業者に対し、「NETSEAレンディング supported byGMOイプシロン」を本日2020年3月31日(火)より提供開始いたしました。
今後もGMO-EPは、プラットフォームやショッピングカートなどを運営する事業者と連携し、各サービスの利用者に対して、ブランド名を活かしたGMO-EP提供による融資サービスを展開してまいります。

NETSEAレンディング supported byGMOイプシロン サプライヤー様の資金調達手段の1つに。BtoB卸モール「NETSA」のデータで融資条件を個別試算

【背景と概要】

BtoB取引においては、売掛金による取引が多く発生することもあり、成長期にある中小企業や個人事業主の資金需要は、事業の安定運営や拡大、急な仕入れ費用など多岐にわたります。BtoB卸モール「NETSEA」を運営するSynaBizにおいては、「NETSEA」を利用するサプライヤー事業者をはじめ、多くのBtoB事業者の成長を支援する方法の一つとして融資サービスが検討されていました。
一方、GMO-EPでは、「イプシロン決済サービス」をご利用のEC事業者(加盟店)向けに、日次の決済データ(トランザクションデータ)を基に与信判断を行う「GMOイプシロン トランザクションレンディング」を2015年3月から提供しており、5年にわたり与信判断のノウハウを蓄積してきました。そして、このノウハウを活かし、請求書・会計データや介護経営データなどさまざまなデータを活用したレンディングサービスの展開にも力を入れています。
そこで、GMO-EPとSynaBizは提携し、SynaBizが運営する「NETSEA」において、利用者であるサプライヤー事業者向けに融資サービスを提供することといたしました。「NETSEA」のブランド名を活かした、GMO-EPの提供による融資サービス「NETSEAレンディング supported byGMOイプシロン」を本日から展開します。
GMO-EPは、今後もプラットフォームやショッピングカートなどを運営する事業者と連携し、各サービスの利用者に対して、ブランド名を活かしたGMO-EP提供による融資サービスを展開してまいります。

【「NETSEAレンディング supported byGMOイプシロン」について】

「NETSEAレンディング supported byGMOイプシロン」は、SynaBizのBtoB卸モール「NETSEA」をご利用のサプライヤー事業者向けにGMO-EPが提供する融資サービスです。サプライヤー事業者の「NETSEA」の利用年数や売上などの利用実績を用いて、貸金業法に基づき、GMO-EPが与信審査・融資を行います。「NETSEA」をご利用のサプライヤー事業者は、決算書や担保・保証人を用意することなく、お申し込みから最短2営業日(初回は5営業日)で迅速に融資を受けることが可能です。

■申し込みから融資実行までの流れ
  • (1)融資を希望する「NETSEA」利用サプライヤー事業者は、SynaBizからのメールマガジンや、GMO-EPのWebサイトから「NETSEAレンディング supported byGMOイプシロン」のWebサイトにアクセスし、希望する融資金額や担当者情報等を入力し、SynaBizへGMO-EPへのデータ連携依頼を行うとともに、GMO-EPへ審査を依頼します。
  • (2)GMO-EPは、SynaBizより連携された「NETSEA」の利用実績を基に与信審査を実施。融資金額や利率を算出し、メールで審査結果とGMO-EPの発行する融資サービス専用管理画面を通知します。
  • (3)「NETSEA」利用サプライヤー事業者は、融資サービス専用管理画面から、融資条件を含む詳細結果をご確認のうえ、同意いただける場合は、融資サービス専用管理画面からご契約へと進めていただけます。その際は決算書や担保等は不要です。
  • (4)お申し込みから最短2営業日(初回は5営業日)で、GMO-EPが融資を実行します。
■「NETSEAレンディング supported byGMOイプシロン」貸し付け条件
融資対象 「NETSEA」をご利用のサプライヤー事業者
融資額 法人:30万円〜300万円、個人事業主:15万円〜300万円
貸出利率 3.5%~13.5%(実質年率)
返済期間・返済回数 6ヶ月・6回返済
返済方式 元利均等返済
担保/保証人 不要
遅延損害金 20.0%(実質年率)

【GMOイプシロン株式会社について】

GMO-EPは、初期費用やトランザクション処理料(※)が無料の決済代行サービスを提供する事業者です。 2019年12月末時点で、32,710店舗にのぼるEC事業者にご利用いただいております。GMO-EPとご契約いただくだけで、決済業者ごとにシステムを構築する必要なく、クレジットカード決済からコンビニ決済、ウォレット決済、スマートフォンキャリア決済等、さまざまな決済手段及び配送サービスを一括で利用することができるほか、購入者から回収した商品代金や配送の運賃精算も一括して行うため、手間やコストを大幅に省くことが可能です。また、EC事業者の円滑なキャッシュフローをサポートするべく、レンディングや送金サービス等の金融関連サービスも提供しています。東証一部上場企業であるGMOインターネットグループの一員であり、個人情報保護ではプライバシーマークの付与を受け、システムのセキュリティ基準はPCI DSSとISMSに準拠するなど、お客様が安心してご利用いただける環境となっております。

(※)トランザクション処理料とは、クレジットカードのオーソリゼーション(承認番号取得)や請求等で、クレジットカード会社との通信ごとにかかる料金。

【関連URL】

NETSEA
URL : https://www.netsea.jp/
GMO-EP
URL : https://www.epsilon.jp/
【報道関係お問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
企業価値創造戦略 統括本部 広報・UX部
E-mail
pr@gmo-pg.com
GMOインターネット株式会社
グループコミュニケーション部 広報担当 石井
TEL
03-5456-2695
E-mail
pr@gmo.jp
【融資サービスに関するお問い合わせ先】
GMOイプシロン株式会社
カスタマーサポートグループ
TEL
03-3464-6211
E-mail
finance-support@epsilon.jp

【GMOイプシロン株式会社】(URL: https://www.epsilon.jp/

会社名 GMOイプシロン株式会社
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者 代表取締役社長 田口 一成
事業内容 ■オンライン販売の決済代行、代金回収代行及びそれらに付帯する業務
資本金 1億3百万円

貸金業登録番号:東京都知事(2)31557 号

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL: https://www.gmo-pg.com/

会社名 GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
代表者 代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金 47億12百万円

【GMOインターネット株式会社】(URL: https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■仮想通貨事業
資本金 50億円
プライバシーマーク
GMOペイメントゲートウェイはプライバシーマークの認定を受けています。
PCI DSS
GMOペイメントゲートウェイのサービスはPCI DSSに完全準拠しております。
ISO27001
GMOペイメントゲートウェイは事業所全てを対象にISO27001への適合認証を取得しております。