Powered by

【GMO-PGで働く Vol.10:営業職 Y.Fさん】「個人事業主のオンライン決済導入のハードルを下げたい」少数精鋭のグループ会社でプレイングマネジャーとして活躍

article-044_top.jpg

GMOペイメントゲートウェイ(以下:GMO-PG)で働く人々のバックグラウンドや、この会社に入社した経緯、日々活躍する姿から、人となりを探る連載企画。今回はGMO-PGのグループ会社であるGMOイプシロン(以下:GMO-EP)に出向し、ビジネスソリューション部パートナーソリューショングループで課長を務めるY.Fさんです。

【Y.Fさんの経歴】

2012年4月 新卒でセキュリティサービスを展開する企業に入社し、営業職に従事
2016年10月GMO-PGに入社。イノベーションパートナー本部で営業を担当
2019年4月 GMO-EPに出向
現在は、GMO-EP ビジネスソリューション部 パートナーソリューショングループで課長職を務める

20代が管理職として活躍していることに驚いた

article-044_thumb01.jpg

ーー現在携わっている業務について教えてください。

3年前にGMO-PGのグループ会社であるGMO-EPに出向し、パートナーソリューショングループで営業職に就いています。

GMO-EPはGMO-PGと同じくオンライン決済サービスを展開する会社です。GMO-PGが比較的大規模な企業様を対象としたサービス展開をしているのに対して、GMO-EPは「これから決済サービスを導入したい」「簡単にWebから申し込みたい」という個人事業主や小規模な企業様なども利用できるサービスを提供しています。

GMO-EPでGMOインターネットグループ内外のパートナー企業様と一緒に、決済サービスプランの仕組みづくりを検討したり、キャンペーンを企画・展開したり、様々な角度からお客様へご提案しお客様の成し得たいビジネスのカタチに近づけるお手伝いをするのが私の主な業務です。そのほか、担当するパートナー企業様のサービスに関連するシステム開発や決済会社とのやりとりなども行なっています。

ーーGMO-PGに入社するまでの経歴を教えてください。

前職では、セキュリティサービスを展開する会社で営業職に就いていました。

一般の方や企業向けに監視カメラやホームセキュリティなどの営業をしていたのですが、大きな組織の会社だったのでかなり分業化が進んでおり、自分ができることが限られているように感じました。そこで、もう少し小さな規模の会社で、ある程度自由に動ける裁量を与えてもらえる会社で働きたいと思い、転職することにしました。

ーーGMO-PGへの入社の決め手は何だったのでしょうか。

IT業界での就労経験は当然なかったのですが、社会インフラを整えるという点ではセキュリティサービス業界と同じだと思い、転職先として選びました。

金融関連事業を展開している会社なので、当初は40代以上のベテランの営業が多いのかと思っていました。ですが実際には、弊社では20代でも管理職に就いている人がいて、若くても活躍できる職場だと知ったのも大きかったですし、驚きましたね。

少数精鋭のGMO-EPなら、サービスや組織づくりも学べる

article-044_thumb02.jpg

ーーGMO-PGに入社してから、特に印象に残っていることを教えてください。

GMO-PG入社直後に、誰もが知るエンターテイメント系の大手企業様を担当させていただいたことです。

当時の私は、当然ながらITも決済もわからないし、契約書の締結の仕方すらままならない状況。はじめは、打ち合わせで飛び交うカタカナ用語や専門用語がわからず、何を話しているのかすら理解できませんでした。わからない用語は自分でメモして調べるだけでなく、周りのメンバーにとにかく質問していましたね。社内のパートナー(社員)はみんな優しいので、仕様書の読み方なども丁寧に教えてくれました。

ーーGMO-EPへはご自身で異動を希望されたと伺いました。

GMO-EPはパートナー全員で60人ほどで、とにかく少数精鋭。営業だけでなく、コールセンターもバックオフィスも同じフロアにあり、会社全体が見渡せるほどです。

加盟店様の契約前後の流れだけでなく決済サービス全体を把握しやすいのはもちろんのこと、社長もすぐそばにいるため、会社の予算組みや組織づくりも学ぶことができるのが魅力だと考えました。

ーーGMO-EPでの業務は、GMO-PGで携わっていた業務とどういった点が違いますか。

GMO-PGで働いていたときは加盟店様への営業でしたが、GMO-EPではパートナー企業様と対面しているのが大きな違いですね。今はパートナー企業様と一緒に、加盟店様や利用者様のことを考えなければならないですし、自社の利益だけでなくパートナー企業様の利益もどう生み出すかということも考える必要もあります。

最初はその違いにとまどい、パートナー企業様との距離感のつくり方も難しかったですね。パートナー企業様と同じ目標を掲げて、お互い協力しながらキャンペーンなどを展開するうちに、徐々に慣れてきたと思います。

与えられたチャンスを活かし、自ら行動できる人が活躍できる職場

article-044_thumb03.jpg

ーーひと言でGMO-EPはどんな会社だと思いますか。

現在、GMO-EPでは、約34万店舗くらいの加盟店様にご利用いただいています。少数のメンバーでこの加盟店数を抱えているのは、単純にすごいと思いますね。

本人の意欲や能力次第でもありますが、若いうちから仕事を任せ、活躍できるチャンスを与えてくれることが多いです。十分に経験を積んでから仕事を任せるのではなく、任せたうえで一緒に考えながら進めようという文化があるように感じます。これはGMO-PGでも言えることですが、GMO-EPは特にそうだと私は感じています。

もちろん、突然大きな仕事を任されることもあるので最初は大変ですが、困ったときは周りの人がサポートしてくれるので、自分で抱え込む必要はありません。部署の垣根を超えて、わからないことを教えていただくことも多いですね。GMO-EPは特に部署間連携が多いこともあり、皆さんフットワークが軽いので気軽に相談しやすいんです。

ーーGMO-EPで実現したいこと、目指していることを教えてください。

直近は、あるGMOインターネットのグループ会社のパートナー企業様との新しいプランをリリースしたばかりなので、キャンペーンを展開して多くの人に利用していただきたいです。これにとどまらず、パートナー企業様とGMO-EPのサービスをもっともっと世に広めるべく、頑張っていきたいです。

また、新型コロナウイルスの影響で、個店や個人事業主のオンライン決済へのニーズが高まっており、問い合わせや申込みも増えています。もっとオンライン決済の導入へのハードルを下げることができるように、加盟店様やご利用者様のニーズを拾って、パートナー企業様と一緒にサービスやプランを検討していきたいですね。

現在は課長職でメンバーのマネジメントも担っていますが、若手パートナーのロールモデルになれるよう、プレーヤーとしてもまだまだ活躍していきたいです。

ーー最後に、この記事を読んでいる求職者の方にひと言お願いいたします。

弊社は他社との連携や部署間連携が多いので、コミュニケーション能力は不可欠です。

ご経験としてもちろんIT知識があったほうがより馴染みやすいと思いますが、IT知識が浅くてもわからないことに向き合い、日頃関わりの薄い方や、はたまた会社や部署を超えてでも積極的にコミュニケーションを取りにいけるような方ならしっかりと成長できる会社だと思いますね。特に自分でどんどんチャレンジしたい方にはぴったりです。

また、GMO-EPは女性が多い職場なので、産休・育休をとってから復帰するパートナーも多いですし、男性パートナーで育休を取得している人も少なくありません。仕事もライフイベントも大事にし、両立しながら安心して働ける環境が整っているのも魅力の1つだと思います。

recruit_btn.png

採用情報はこちら

feature01_btn.png

パートナーインタビュー記事一覧はこちら

※本コンテンツ内容の著作権は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社に属します。