第4回「セキュリティ対策」

第4回「セキュリティ対策」

セキュリティ対策のポイント

非対面であるネットショップ・ECサイトはお客様からの信用が大切です。お客様からお預かりしたカード情報や個人情報の管理には、細心の注意を払う必要があります。

お客様が安全・安心にネットショッピングができるためにも、ネットショップ・ECサイトの信用を守るためにも、下記の項目のような万全のセキュリティ対策を講じましょう。

  • ・ウィルス対策
  • ・不正アクセス対策
  • ・お客様データの保護管理
  • ・ユーザ認証の適用

クレジットカード決済の必要性

ネットショップ・ECサイトを始めるにあたり、決済代行会社を決定する際にも、気をつける点がいくつかあります。クレジットカードでお支払いする際は、購入者が住所、氏名、クレジットカード番号などの、個人情報を入力するため、個人情報が流出しないように、「セキュリティ対策」が必要となります。

ネットショップ・ECサイトの商品をお客様に買っていただくためには、決済(お支払い)ができるようにしなければなりません。財団法人日本インターネット協会のインターネット白書よると、購入者の半数以上がクレジットカードでの決済での決済手段が選ばれてます。インターネットでの支払方法は、トップシェアで51.9%であり、購入者の半数以上がクレジットカードでの決済を求めていることが分かります。

オンラインショッピングでよく利用される決済手段の図

クレジットカード決済のセキュリティ対策

クレジットカード会社は数多く存在します。そのため一括契約することが可能です。セキュリティやシステム導入後のサポートサービスが充実している「決済代行会社」を利用するのが、ネットショップ・ECサイトでは一般的となっています。お客様のクレジットカード情報を取り扱うので、信頼をおける決済代行会社を選ぶことが重要となります。
クレジットカード決済の導入をご検討している事業者様は、下記のセキュリティ項目をチェック対象にすると良いでしょう。

これらのセキュリティに対応している決済代行会社は、安全といえます。決済代行は、多種類の決済方法をまとめて導入・管理できるので事務負担が軽減できますが、初期費用やシステム利用料、決済手数料などのコストがかかります。

関連リンク

お客様に最も求められている決済手段を用意することで、購入を諦めたり他のECサイトへ逃げてしますお客様を購入完了に導き、事業者様のECショップの売上アップに貢献いたします。
弊社決済サービス「PGマルチペイメントサービス」なら、クレジットカード決済はじめ、コンビニ決済、口座振替、電子マネー、などの多彩な決済手段を一括で導入することが可能です。GMOペイメントゲートウェイは、多様化する決済ニーズにお応えいたします。ご相談やお問い合わせなどお気軽にお待ちしております。