第6回「決済導入が初めての方へ(1)」

第6回「決済導入が初めての方へ(1)」

ネットショップ・ECサイトで導入されている決済手段をご説明します。

クレジットカード決済

インターネットでの決済方法のうち、クレジットカードでお支払いする人は全体半数以上を占め、最も多く利用されている決済方法となっています。ネットショップ・ECサイト上で送付先住所等を入力する際に「クレジットカード番号」「有効期限」「カード所有者の名前」を入力し、支払い手続きを済ませます。

  • ・購入手続きと同時に決済の完了が可能なため、時間に縛られず24時間いつでも支払いが可能。
  • ・代金の未回収のリスクを他の決済方法より低く抑えることが可能。
  • ・購入から発送までの期間が短いため、ショップは取り置き期間が短くすみ、お客様は早く商品を受け取ることが可能。
  • 「セキュリティコード」「3Dセキュア認証」を必要とすることで不正利用対策をとっている場合もあります。

コンビニ決済

払込票を使わずに、コンビニのレジまたは端末で支払う決済方法です。支払い手続き後に通知される「お支払番号」をもとに手続きをします。

  • ・全国各地に支払い拠点があり、利便性が高いのが特長です。
  • ・物販からコンテンツ販売まで幅広く導入いただけます。
  • ・お客様(購入者様)によるコンビニでの入金を確認してからの商品発送にも対応しております。

電子マネー決済

あらかじめ電子マネーを購入(チャージ)し、さまざまな支払いに利用できる「デジタルの商品券」です。広く普及しているものにEdy/SUICA/WebMoneyなどがあります。

  • ・プリペイド方式のため未回収のリスクが極めて低い。
  • ・コンビニなどで誰でも購入できるので、クレジットカードを所有できない人でも利用可能。

ペイジー決済

ネットショップ・ECサイトで支払い手続き後に通知される「お支払番号」をもとに、銀行ATMで支払う決済方法です。国内の金融機関のほとんどが加盟しています。

  • ・利用者の制限がなく、誰でも支払いが可能。
  • ・支払い番号に金額などの取引情報が含まれているため、金額を入力する必要がなく間違いがない。
  • ・ペイジーに対応しているどの銀行ATMでも支払いが可能。