GMO PAYMENTGATEWAY

未来ビジネス倉庫

新しいテクノロジーから生じる、世の中に感動と便利を提供するサービスを紹介するメディア

Unattended Marketのキャッシュレス

革新的なテクノロジーを使ったキャッシュレスと言うと、無人店舗やQR決済などを思い浮かべるのではないだろうか。しかし、それは氷山の一角で、色々な支払いシーンにおいてテクノロジーによる進化が生じている。
その一つ、対面店舗でのクレジットカード決済端末が、技術革新によりUnattended Market(=自動販売・サービス機の総称)のキャッシュレス化を推進しているという。
どんな面白いことが起こっているのだろうか。

ON/OFFでカスタマイズできる決済端末

クレジットカード決済の端末に、鉄道系や流通系の電子マネー端末が複数、更にポイント用の端末など、レジの周りには何らかの端末がいくつも置いてある。最近よく見られる店舗での光景だ。
買い物をするときに使いたい決済手段が使える、という消費者の利便性には応えているが、店側にとっては、支払い時オペレーションは複雑であるし、決済業務に時間も要する。

しかし、最近では、色々な決済手段を1つにまとめることができる決済端末が登場してきた。
その一つ、GMOフィナンシャルゲート(GMO-FG)が決済端末の会社と共同開発するマルチ決済端末は、クレジットカードや電子マネーといった支払い手段に加え、各社のポイントが一つの端末搭載にされている。しかも、利用する店舗は、自分の店で使いたいものだけを選ぶことが可能だ。
例えば、昨今、小売、流通、通信会社と各業界の各社がポイントを発行しているが、全てを揃える店舗はあまりなく、特定のポイントを扱う場合が一般的である。GMO-FGの決済端末にはON/OFF機能があるので、自社で使う会社のポイントだけをONすればよいのだ。

もちろん、クレジットカード利用に必須なIC化や非保持化には対応しているので、便利と安心とを両立できる端末なのである。

決済端末が人出不足を解決

レジ周りの効率化は、マルチ決済端末だけではない。人口減少により労働者人口が減るなか、人手不足は多くの店舗が抱える問題であるが、その解決策として、消費者が自身で商品のバーコードをレジで読み取り、表示された金額を支払う「セルフレジ」を導入する店舗も出てきている。
セルフレジには決済端末が組み込まれており、消費者は、クレジットカード・電子マネーといったキャッシュレスな方法で支払いができるため、お釣りの受け渡しといったやりとりがなく、会計はスマートでストレスなく、有人レジよりも一人当たりの精算・会計に要する時間が短縮されることが多い。
そして店舗側は、セルフレジにより省人化を図れ、接客や営業、商品・サービス開発など重要なところに注力することが可能となるのである。

Unattended Marketで決済端末が活躍

キャッシュレスが進む欧米では、QR決済一色ではなく、クレジットカード・デビットカードやその国特有の電子マネー、スマホ決済なども普及している。そのため、現金投入口のない駅の券売機やクレジットカード・タッチ決済対応の自動販売機など、キャッシュレスの販売機は珍しくない。このようなUnattended Marketでは、組み込み型決済端末が使われている。

日本でも、キャッシュレス化対応の自動販売機を筆頭に、飲食店やアミューズメント施設の決済端末が組み込まれた券売機など、キャッシュレス販売機が見られるようになってきた。今後、インバウンド対応やキャッシュレス化に向け、駐車場の精算機や病院の精算機などにも組み込まれていくのは想像に難くない。
さらに、町を見てみると、路駐メーター、ゲームセンター、コインランドリー、マッサージチェアなど現金が必要な無人機は多い。これらがキャッシュレスとなれば、現金回収をする人件費、硬貨・紙詰まりなどの機器不具合といった現金を取り扱うコストが削減できるだろう。

もちろん、従来からある無人機のキャッシュレス化だけでなく、社会環境やライフスタイルの変化に合わせて新しいタイプの無人機が誕生し、Unattended Marketのキャッシュレス化は進むだろう。
例えば、業務効率化や福利厚生として、コンビニ自動販売機を設置する企業が増えてきている。その販売機に決済端末を組み込みキャッシュレスにすることで、支払い時の煩雑さや代金回収の手間を解決することができるだろう。
また、商品の注文から決済までをサイネージ型オーダーボードや注文端末で行い、後で商品を受け取るような「レジレス」でも、組み込み型決済端末は活躍する。レジレスは人手不足の解消に加え、スムーズでストレスのない購入の実現や多言語化によりインバウンドにも対応するなど、今後の普及が期待されている。

Unattended Marketのキャッシュレス化で、人々の暮らしは便利に豊かになっていくだろう。

※本コンテンツ内記事・画像などの著作権は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社に属します。