第3回「制作会社に依頼する際のポイント」

第3回「制作会社に依頼する際のポイント」

前回のおさらい

  • ・初心者でも間単にサイトを構築することができるEC構築パッケージ
  • ・自由度が高く、自由自在にカスタマイズが可能なフルスクラッチ
  • ・カートの部分だけをレンタル・導入するASPサービス
  • もう一度ご覧になる方はこちら→第2回「最適な制作会社選び」

パートナー企業

ビジネスプラン、費用、規模を考えた上で、最適なものが見つかったでしょうか?ネットショップ・ECサイトのイメージは明確になってきましたでしょうか?コンセプトやターゲットなど、考える点はまだまだありますね。

自社で制作する場合は不要ですが、第2回「最適な制作会社選び」で選んだ制作会社に依頼する際に、気をつける点をいくつかご紹介いたします。

自社がどのような会社であるのか、コンセプトは何か、どのニーズに提供したいのかなど、あらかじめまとめておいた上で制作会社に依頼する場合と、全くゼロの状態から制作会社に任せる場合とでは、スタート地点が異なります。

制作依頼する前に、次のような事柄をまとめておくと、ネットショップ・ECサイト・構築のスタートがスムーズに切れるようになります。

依頼する際のポイント

  • ・ビジネスプランと目指すネットショップ・ECサイトのイメージを詳細に伝える
  • ・導入検討しているネットショップ・ECサイト構築システムを伝える
  • ・制作費用を決めておく
  • ・競合他社のサイトを閲覧し、長所・短所など気になる点をまとめておく
  • ・運用後の顧客データ分析などの連携ツールの有無
  • ・商品の写真撮影代行や写真の編集・加工を依頼できるか
  • ・スマホ(スマートフォン)やモバイル端末に対応しているか
  • ・アフターサービスやカスタマーサポートがあるか

より具体的な提案やアドバイスが得られやすくするため、できるだけ細かくビジネスプランやネットショップのイメージを伝えれば、制作段階でデザインや技術仕様の修正や変更が入っても、目的や目標がブレることがないでしょう。
ネットショップ・ECサイト構築した後のサポートについても、できるだけ詳細に聞けるとよりいいです。手間のかかる作業委託の必要性や、アフターサービスの有無についても検討しましょう。