クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化

2019年3月4日に、クレジット取引セキュリティ対策協議会(※1)から、クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた「実行計画2019」が発表されました。これは2017年3月8日に公表された「実行計画2017」、2018年3月1日に発表された「実行計画2018」をベースに、2020年に向けてさらなる取組の推進を図るための改訂が行われています。また、2018年6月に施行済みの「割賦販売法の一部を改正する法律(改正割賦販売法)」では、クレジットカード決済を利用する非対面加盟店(EC事業者やコールセンターでの受注時にカード決済を利用する通販事業者など)はクレジットカード情報の適切な管理と不正使用対策が義務付けられています。そのため、改正割賦販売法の実務指針である実行計画への対応が必要になります。
(※1)クレジット取引に関わる幅広い事業者及び経済産業省が参画して2015年3月に設立

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた「実行計画」について

クレジット取引セキュリティ対策協議会が発表した『実行計画』では「カード情報の漏えい対策」、「偽造カードによる不正使用対策」、「ECにおける不正使用対策」の「3本柱」により構成されており、EC事業者様は以下の2点の対策が必要です。

カード情報の漏えい対策

→ カード情報の「非保持化」又はカード情報を保持する事業者のPCI DSS準拠

ECにおける不正使用対策

→ 多面的・重層的な不正使用対策の導入

加盟店タイプ別カード情報非保持化対策/不正使用対策

  • ・・・カード情報の漏えい対策
  • ・・・ECにおける不正使用対策
トークン決済
リダイレクト(リンク)型
会員ID決済(カード情報お預かりサービス)
不正防止サービス(ReDShieid)
3Dセキュア
セキュリティコード(CCV)
  • ・・・カード情報の漏えい対策
  • ・・・ECにおける不正使用対策
  • ・・・カード情報の漏えい対策
  • ・・・ECにおける不正使用対策

実行計画に関する解説や上記商材について説明するセミナーを実施しています

GMOペイメントゲートウェイでは、決済に関するセミナーのみならず、セキュリティ対策や、海外進出のためのノウハウ、売上向上のためのマーケティング支援セミナーなど様々なテーマでのセミナーを実施しております。