Close
集客支援サービス

事業者様の集客・売上向上を支援する「Yahoo!プロモーション広告」や「Google AdWords」を活用したリスティング広告運用代行、Facebook広告運用代行、Googleアナリティクス解析などをご提供。決済代行会社だからこそできる広告運用・分析を行っています。

もっと詳しく

Close

国外からのEC購入でも日本円で入金される「多通貨クレジットカード決済」や、中国向け決済の「Alipay(アリペイ)」、また、本格的に海外進出を目指す事業者様に向けて、アジア各国の決済手段で展開できる「Z.com Payment」などのサービスを紹介致します。

もっと詳しく

Close

【ECサイト向け】Google Analytics 超実践セミナー
正しくデータビジュアライズするだけで、サイトの課題が一目瞭然

~セミナーレポート~

セミナー概要

テーマ

【ECサイト向け】Google Analytics 超実践セミナー
~正しくデータビジュアライズするだけで、サイトの課題が一目瞭然~

会場

東京都渋谷区道玄坂1-14-6 ヒューマックス渋谷ビル7F

講師

GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部 集客支援部 データサイエンティスト 菅原 悠
キイロ株式会社 代表取締役 行廣 昌彦
株式会社シンメトリック 鈴木 泰子

概要

サイトの解析ができるツール【Google Analytics】をテーマとし
・Google Analyticsを使ってサイト改善したい
・設定をしていないから正しく分析できない
・データを見やすくし、楽にサイト課題を発見したい
といったお悩みを抱えているご担当者様向けのセミナーを開催。
第一部では、基本編として、ECサイトで設定しておくべき項目を解説。
第二部では、ECサイト売上アップするための手法を、GoogleAnalyticsのビジュアライズツール『ANATOMY』を実演しながらご説明。

セミナーレポート画像1

【第一部】

冒頭では、GoogleAnalyticsの初期設定の重要性をお伝えした。
GoogleAnalyticsで分析する前に「仮説を立て、検証する」ことが大切であり、またそれ以前に適切な初期設定が不可欠である。もし初期設定が不十分であれば正しいデータが取得できないため、売上/利益向上のための「正しい仮説検証」をすることができず、誤った判断につながる危険な状態であると述べた。

セミナーレポート画像2

データ分析の全体像を説明するために、CRISP-DMのプロセスモデルを用いて解説。

  1. 1.ビジネス理解
     業界・業種などから様々な仮説立てを行う。
  2. 2.データ理解
     1のプロセスで仮説立てをしたものを検証するために、どのデータが必要か把握する。
  3. 3.データ準備
     このプロセスが重要なポイントとなる。2で必要となるデータを取得するためにGoogleAnalyticsの設定を行う。
     ここを失敗してしまうと正しいデータが計測できない。


次に、ECサイトで特に設定すべき重要項目4点をご説明した。

  • 1.目標設定
  • 2.eコマース設定
  • 3.ユーザー属性
  • 4.サイト内検索

また、弊社がよく目にする設定ミス・注意点についてご紹介。
サイトリニューアルによってタグが消されてしまったケースや、複数の制作会社にサイト制作依頼をしている影響で、タグ設置の漏れがあったケースがあったことを伝えた。
最後に、第一部のまとめとして以下内容をご説明し、第一部は終了した。
・まずは「仮説立て」することが重要
・正しいデータを計測するためには初期設定は非常に重要
・仮説を立て、検証するPDCAサイクルを繰り返す

【第二部】

冒頭では、分析する際の重要な観点や、抑えておくべきユーザーの行動特性についてご説明いただいた。

セミナーレポート画像2
セミナーレポート画像4

また、一度ユーザー目線に立ち返ってサイトを見ることが大切であり、その上で数値の増減のチェックから、仮説を立てて深堀して考えていくことが分析の正攻法であることをお話いただいた。
後半では、ANATOMYの画面を使って実演。購入率アップのための検証として、特集ページの正しい効果測定を例とした。
特集ページで大切なのはファーストビューのデザインであり、以下2点を意識する必要がある。
・ユーザーはページを開いた瞬間に、自分に関係があるか、見たいか見たくないかを判断する。
・労力/費用をかけて作成しても、伝えたい内容がないとユーザーは離脱してしまう。
ANATOMYの魅力の一つは、ページキャプチャが分析画面上で確認できる点だ。数値だけを見ていてもユーザー視点で上記のようなポイントを感覚的に判断できない担当者にとっては、問題点の早期発見につながり非常に喜ばれていることをご紹介いただいた。

セミナーレポート画像4

最後に、第二部のまとめとして以下内容をご説明し、セミナーは閉幕となった。
・ECサイトの解析はいきなりたくさんのものを見ようとしたら長続きしない
⇒ANATOMYのビジュアライズされた画面であれば、データチェックやボトルネックを見つけやすい。
・GoogleAnalyticsの設定の見直しをしましょう
⇒設定のミスは致命的なので、早急に対応すべき。